症例(歯並びの種類)

 不正咬合(ふせいこうごう)

 悪い歯並びを総称して不正咬合といい、心身に大きな影響を与えます。矯正歯科治療は不正咬合を
 正常咬合にする歯科医療です。
 下記の様々な不正咬合にお悩みの際は、お気軽にお問い合わせください。

 

八重歯・ガタガタ・ねじれ(叢生 – そうせい – )

1sousei
歯の生える向きが正しい方向ではなく、重なり合ったり、ねじれたりしている。

★治療事例(こども)はコチラ

★治療事例(おとな)はコチラ

 

すきっ歯

2sukippa
歯の間に隙間がある。

★治療事例(こども)はコチラ

★治療事例(おとな)はコチラ


 

 

歯茎が目立つ

3kagaikougou
前歯の噛み合わせが深く、下の前歯が上の前歯に覆われていて、見えなくなっている。(その為、歯茎が目立ってしまう。)

★治療事例(こども)はコチラ

★治療事例(おとな)はコチラ


 

左右どちらかの下奥歯が覆いかぶさっている(交叉咬合 – こうさこうごう – )

4koushakaigou
左右いずれかの奥歯または前歯が横にずれている状態のことを指し、左右片側の下奥歯が上奥歯を覆っている。

★治療事例(こども)はコチラ

★治療事例(おとな)はコチラ


 

出っ歯

6deppa
前歯のみが前突している。

★治療事例(こども)はコチラ

★治療事例(おとな)はコチラ

 

噛んでも前歯が当たらない(開咬 – かいこう – )

5kaikou
歯を噛んだ状態の時でも、上下の奥歯が先に噛み合い、前歯が咬み合わない。上下の前歯が開いている状態。

★治療事例(こども)はコチラ

★治療事例(おとな)はコチラ

 

受け口

7kagakuzenntotsu
噛み合わせたときに下あごにある歯全体が上あごにある歯全体より前方に突出している。

★治療事例(こども)はコチラ

★治療事例(おとな)はコチラ


上下の前歯がかみ合っている

8settannkougou
上下前歯の先端同士が噛み合っている。
(通常は上前歯が下前歯を覆う状態。)

★治療事例(こども)はコチラ

★治療事例(おとな)はコチラ

 

コメントは受け付けていません。